宝石加工の請負人 西宮 苦楽園 ルモンド

Repair diary

修理日記

消防署で切られたブランドジュエリーの修理ー

Cartier K18PGラブリング ハーフダイヤ サイズ直し

消防署で指輪を切って、そのリングの修復・サイズ直しをして欲しいとの事でした。

その1時間程前に、友人の消防士から

『ダイヤモンドが入ってるピンクゴールドのリングって2カ所切っても修復出来る?』

との質問が。

Before

このリングを見て『僕このリング友達から電話ありました!!』

友人の消防士は、特に僕の事を話した訳でも無く、偶然やってきたのでした

ヽ(゜▽、゜)ノ

すごい大事な指輪がこんな形になってしまって凄く悲しげな表情をあらわにしているお客様・・・

きっちり修理するのでお任せください!!

その結果

After

マサヒロ、見事に復活したで(∩^ω^)⊃

今後は無理に指輪をはめる様な無茶な真似はダメですよーーーー!!!

大事にしてあげてくださいね(∩^ω^)⊃

兵庫県・西宮市 Kさま

 

ついでに綺麗になった仕上げをもう1つ

BVLGARI  K18 ピンクゴールド B−zero1リングの新品仕上げ

Before

一般的に使っていると傷がついてしまう、いわゆるそんなに汚れていない、とお客様は認識している感じ

それをピカピカにすると

After

こんなになっちゃうんですよねー!!

勿体なくて着けれないー!と、お客様w

その時はまた僕の所に持ってきてください^^

形あるものはいつか壊れるじゃないけど、傷が付くのは使っている証拠!!

これからもガンガン使ってあげてくださいね(∩^ω^)⊃

兵庫県・三田市 Oさま

 

最新の記事

月別アーカイブ